MAL33000EX3-BK

最近はテレビを観なくなった人、多いですよね。

 

だからでしょうか、テレビ録画をする必要がなくなっているため、外付けHDDの売上は落ち込んでいるようです。

 

 

まあ、北朝鮮がミサイル撃ってる最中に、森友だ加計学園だと政治パフォーマンスばっかりやってるし、ほんとテレビがつまらなくなったのはやむを得ません。

 

 

 

とはいえ、毎週欠かさず観ているドラマや好きな俳優・女優の出る番組は、やっぱり確実に録画して残したいものです。

 

動画も明らかに画がきれいになってますし、思い出を残す上でも動画録画は大切になってくるはずです。

 

 

テレビ録画 動画録画 地デジ

 

 

 

テレビの地上波のようなハイビジョンを録画する場合、1時間あたり8GBという容量が必要です。

 

ということは、近い将来配信されるであろう「4K放送」ともなると、倍以上の容量が必要になりますね。

 

 

今からは、最低でも3TB(3000GB)という容量の外付けハードディスクが必要になってくるでしょう。

 

 

「MAL33000EX3-BK」は、3TBに加え、パソコンのハードディスクを丸ごとバックアップできるソフトがついて、1万円前後という超!コスパの良い外付けHDD。

 

 

もちろん、テレビに直接つないで録画媒体としても使えますから、今持ってるハードディスク録画機の容量が少ない場合などは、継ぎ足して使っても便利ですね。

 

 

数年前のHDD機器だと標準が1TBですし、明らかに容量がもっと欲しい時代になっていると思います。

 

 

防犯カメラ ハードディスク

 

また、今後は監視カメラなども普及しそうですし、HDDの容量はなるべく大きいものを用意しておけば、業務用としても十分に使用に耐えられるでしょう。

 

防犯カメラ映像もどんどん鮮明化していますし、そうなると容量を食うのは必然ですからね。

 

というか、防犯監視カメラの映像こそ、最低でもハイビジョン映像で撮りたいものです。