パノラマ写真 360°

パノラマ写真って楽しいですよね?

 

なにしろ、写真を撮ったその瞬間の「360°全方向の風景」が撮れるので、その場にいた時に見えたすべてが写っているわけですから。

 

ただ、通常のデジカメではパノラマ写真ソフトなどを使いますから、全方向の写真を一度撮ってカメラに納め、その後ソフトで合成という形になります。

 

パノラマ写真は、撮るときに失敗したり、また合成がおかしくなったりする場合もあるので、意外と知識とか経験がモノを言う写真とも言えるでしょう。

 

 

でも、

 

1回シャッターを押すだけで、完全なパノラマ写真が誰でも簡単に撮れちゃう

 

としたら、旅行とかにはぜひ持って行きたいと思いませんか?

 

 

RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720
RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720

 

 

写真だけでなく、フルHDの360°動画も最大25分間撮れるので、使い方は工夫次第でいろいろと楽しめそうです。

 

それに、スマホと連動しているので、その場で撮ったパノラマ写真や動画を、スマホで確認できるのが便利。

 

 

ただし問題は、Wi-Fiを使ってスマホに転送するとき、データ量が多いと熱をかなり持つそうで、何度も転送を繰り返して熱暴走を起こすと、転送が失敗する事もあるみたい。

 

連続で大きなデータをスマホに転送することは避けたほうがいいようですね。

 

 

それにしても、シャッター一発で360°パノラマ写真や動画が撮れるなんて、ちょっとヤバイです。

 

自分の後ろ側も全部記録に残っているんですから、被写体になってないからといって安心できませんね。

 

カメラマンの後ろで鼻くそでもほじってたら、全部記録に残っちゃいますよ(笑)。
RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720