ウエスト 細くする

たるんだお腹周りを引き締めようと、腹筋をガンバってる人も多いと思います。

 

が、ほとんどの人はいつまでたってもお腹は引き締まらず、途中で腹筋を止めてしまう人が多いそうです。

その理由とは?

 

腹筋 お腹周辺 引っ込む

 

インナーマッスルを鍛えないとお腹周りの代謝は良くならない

 

普段みなさんが行ってる「腹筋」というのは、お腹周辺にある複数の”アウターマッスル”の総称です。

 

アウターマッスルというのは、外から触って存在が確認できる筋肉。

 

でも、アウターマッスルだけ鍛えてもたいして筋肉量はさほど増えないうえに、薄い筋肉である腹筋周辺の筋肉は、鍛えたとしても劇的に代謝を上げる効果はありません。

 

 

代謝を上げるには”インナーマッスル”のほうが重要

 

インナーマッスルは、体の骨格部分をつなぐ役割を果たしています。

 

鍛えることで姿勢も良くなり、つまり、ただ普通に生活しているだけで、カロリーを大量に消費できる体になるわけです。

 

 

インナーマッスルを簡単に鍛えるには

 

インナーマッスルを鍛える方法はいくつかありますが、最も簡単で、誰でもできそうなものに、「ドローイン」という方法があります。

 

こちらの動画に、正しい方法がアップされています。

 

 

 

タダでできる、最も簡単な方法ですから、ぜひ実践してみてください。

1週間で、明らかにお腹周辺に変化が出てきますよ。

 

 

確実にインナーマッスルを鍛える最も簡単な方法

 

インナーマッスルを鍛える方法「ドローイン」は、タダで誰もが簡単にできるもので、ぜひ、日々の生活に取り入れてほしいものです。

 

とはいえ、人は忘れやすいもの。

 

もっと簡単に、何もせずにインナーマッスル・アウターマッスル両方を鍛えられる
一挙両得な方法はないか?

 

 

というあなたには、こんなものがありますのでご参考に。

 


楽天市場でかなり売れてます。

 

スリムなウエストを維持している人って、人知れずこういう機器を使って”楽な努力”をしているものです。